住み替えで後悔したと感じる事例を知って後悔しない住み替えをしよう!

住み替えで後悔したと感じる事例を知って後悔しない住み替えをしよう!

2023/12/04

住み替えは多くの期待と不安を同時にお持ちの方も多いでしょう。
新しい生活、新しい環境への期待と共に、後悔しないために何をすべきかという疑問が心を揺さぶります。
この記事では、過去に後悔したと感じた事例と、住み替えで後悔しないためのポイントを紹介します。
住み替えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

□住み替えで後悔したと感じた例は?

1.ダブルローンの罠

ダブルローンとは、新旧の住宅ローンが重なってしまう状態です。
この状態に陥ると、月々の返済額が倍増し、家計に重大な影響を及ぼします。
さらに、金融機関からの追加融資も期待できないため、資金繰りに苦しい状況に陥ってしまいます。
ダブルローンを避けるためには、まず旧居の売却先を確保してから新居の購入を検討することが肝心です。

2.相場を知らずに売却

相場を調査せずに売却する行為は、損失を招く可能性が高いです。
特に、売却金額が住宅ローンの残債を下回る「担保割れ」のリスクも考慮する必要があります。
相場を把握し、複数の業者と比較することで、適正な売却価格を見つけることが重要です。

3.仮住まいのコスト

住み替えにおいて、仮住まいは避けられないケースが多いです。
仮住まいの場所や期間によっては、初期費用や維持費がかさむ可能性があります。
新居選びが長引くと、その分予算が削られるため、仮住まいの計画もしっかりと立てましょう。

□失敗しない住み替えのために

住み替えにおける失敗しないためのポイントをご紹介します。

*売却と購入のタイミング

住み替えでは、旧居の売却と新居の購入が同時進行となります。
特に急いでいない場合は、先に旧居を売却する「売り先行」がおすすめです。
この方法は売却資金が手元に残るため、余裕を持って新居選びを行えるでしょう。

*賃貸に出す選択

転勤などで一時的に住む場所を変える場合、旧居を賃貸に出す方法も選択肢としてあります。
ただし、賃貸に出す場合は、住宅ローンが残っている場合は金融機関との相談が必須です。
賃貸に出す際の契約形態や条件もしっかりと確認し、後悔のない選択をしましょう。

□まとめ

住み替えは、多くの不確定要素と向き合うケースがよくあります。
ダブルローンの危険性、適切な売却価格の重要性、仮住まいのコストといったポイントを押さえ、計画的に行動することが後悔を避ける鍵となります。
ぜひ本記事を参考に住み替えを成功させてくださいね。

岡崎市・幸田町周辺で不動産売買のことでお困りの際は、お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。